結婚を決めたカップルが結婚に向けて探すもので一番ワクワクするものの一つが指輪ではないでしょうか。

ですが指輪を探すと単純に言っても、いざ探してみると婚約指輪とブライダルリングで大きく違いがあったり、種類もたくさんあって迷うのではないかと思います。

そのようなブライダルや婚約指輪の中でも、しばしば目にする言葉の中に、ハーフエタニティやフルエタニティといった言葉があるのを知っているでしょうか。

ハーフとフルの違いはなんとなく分かるとして、どういった違いがあるのでしょうか。

簡単に説明するとフルエタニティというのは、指輪の周囲に可能な限りびっしりダイヤモンドが敷き詰められたリングで、ハーフエタニティというのは、指輪の周囲の半分がダイヤモンドで飾られているリングになります。

当然予算としても周囲に敷き詰められたフルエタニティより、半分のハーフエタニティの方が抑え目にはなりますし、後でのお直しもフルエタニティは難しくなり、ハーフエタニティでは可能になります。